借金の返済について。

週刊誌の折込広告、ゴシップ紙、電話ボックスに見かけるビラやダイレクトメールなどで、「債務の整頓任せてください」「借金をまとめたくありませんか」という内容の惹句を読むことがありませんか。

このようなものは、「整理人」「買取専門人」「紹介者」と呼ばれる悪徳会社の宣伝のときもあるのです。

このようなものを申し込んだケースでは破産申立プロセスの中で一番大切な免責許可を受けられなくなる危険もあります。

「整理屋」とはビラなどで借金のある人を引きつけ、高額の依頼料を要求して借金整理をやりますが実際は整頓は行われないで、債務者はより一層の負債スパイラルに陥ってしまう結末がほぼ全部と思われます。

「買取専門屋」では、負債人のクレジットで電気製品、旅行のチケットなどをたくさん購入させて負債者から品物を定価の2割もしくは半分で買い直すという手段を使っています。

そのときはお金がもらえますが、必ずクレジット会社から商品価格の定額の支払いが送られてきて、本当は債務額を増額させる結末で終わります。

カード会社へ詐欺行為ということで免責が手に入れられなくなります。

「紹介人」では、人気の貸金から断られるようになった負債人に対して直接の提供は全くせずに、提供を受けられる違う業者を呼んで、すさまじい紹介料を受け取る業者です。

つなぎ業者は直接のつなぎでお金を貸し出し可能となったというようにしゃべりますが何もしておらず、種は簡単で規程のゆるめのルートを伝えているというだけです。

この場合だと借金額を悪化させるだけです。
借金で生活苦だった私が救われた方法